• 下層ヘッダー

おすすめリフォーム RECOMMENDATION

照明リフォーム

※ページ内で使用している写真はイメージ写真です

POINT1

照明プランの基礎知識

照明の種類

一般住宅の主な照明器具の種類と特徴をご紹介。

照明の種類

(1)シーリングライト

天井に直接取り付ける器具。主照明として部屋全体を明るく照らすのが役目で、最も一般的な照明です。

(2)シャンデリア

吊り下げ型と天井直付型があります。リビングや吹き抜け空間に適しています。

(3)ペンダントライト

シンク・コンロ・冷蔵庫をコの字に配置して、作業や収納場所を多く確保。作業効率にも優れています。ただ広いスペースが必要で価格も高くなりがち。

(4)フロアスタンド

床に置くタイプの照明で、読書時に活躍します。また、夜にこの照明だけをつけると部屋がシックな雰囲気に。

(5)テーブルスタンド

テーブルなどの上に置くスタンドです。細かい手作業をする際はもちろん、空間の演出にも適しています。

(6)ダウンライト

天井に埋め込んで使用する照明。主照明としても、またリビング・寝室の補助照明としても使われます。

(7)スポットライト

集光性が高いので、部屋の一部を照らし出せます。光が強いので、直接目に入らないよう取り付け位置に工夫を。

(8)吹き抜け灯

広い吹き抜けスペースを華やかに演出する照明。メンテナンスに便利な、電動で高さを調節できるタイプがベター。

(9)ブラケットライト

壁面や柱に取り付ける補助的な照明です。独特の雰囲気をもつ光が、空間のアクセントになります。

(10)フットライト

床近くの壁に取りつけて、足元を照らすのが役目。廊下や階段、寝室の常夜灯としてもおすすめです。

POINT2

照明の種類とその効果

室内の照明は、一般的には天井に主照明が1灯だけという「1室1灯」ですが、単一の光なので単調で室内もどこか貧相な印象になりがち。
やはり全体を明るくする主照明と、部屋の雰囲気を演出する補助照明とを組み合わせる「1室多灯」プランがおすすめです。

主照明のみ

シーリングライト

シーリングライト

主照明のシーリングライト1灯だけが、部屋を均一に照らします。単調な印象です。

主照明に補助照明をプラス

シーリングライト+ダウンライト

シーリングライト+ダウンライト

シーリングライトにダウンライトの補助照明で、コーナーまで明るくなり奥行きを感じさせます。

3種類の照明の組み合せ

シーリングライト+ブラケット+スタンド

シーリングライト+ブラケット+スタンド

3種類の照明で部屋全体が隅々まで明るく、華やいだ雰囲気になります。シーンに応じてブラケットのみ、スタンドのみの点灯で空間演出も自在にできます。

シーリングライト+ブラケット+スタンド
タイトル背景

ご相談・資料請求

CONTACT

リフォームに関するご相談・資料請求はこちらから

お電話でのお問い合わせ

アイコン0120-575-579

【営業時間】平日:8:30~17:30
【定休日】土・日・祝祭日よくあるご質問