UEKI REAL ESTATE Q&A
  • 下層ヘッダー

よくある質問 – 買いたい Q&A – BUY

申込み、契約、入居までの流れ、必要書類、準備などについて

買いたい

タイトル背景
A. 不動産購入の場合次のようなものが必要です。 お金ですが、物件によってその金額は違いますが一般的に
(1)売買代金
(2)登記費用
(3) 税金(不動産取得税・固定資産税、都市計画税・登録免許税・印紙税)
(4)仲介手数料
(5)火災保険料
(6)引越費用
などがあります。そのほかに融資の場合、事務手数料が掛かります。上記の(1)のうち手附金及び(2)~(6)は一時的なものもありますが現金が必要になってきます。業者さんに金額を聞いて確認しておいてください。次に書類関係ですが、
(7)住民票(所有権移転登記)
(8)印鑑証明書(融資申込み)
(9)源泉徴収票や 所得証明書(融資申込み)
などです。順次必要になりますので用意はしておきましょう。
A. 賃貸物件と変わりませんが、土地、マンション、一戸建てなのか、地域、予算など希望する内容を大まかに決めておき、その後に情報収集します。 不動産業者に連絡をとり希望に合った物件があるかどうか相談します。また相談する際は希望する期間内を伝え継続的に探してもらうことも大切です。
こちらも参考にしてみてください。
A. 資金計画は自己資金・借入額を併せて購入資金にするかということですが、上記2の通り売買代金の他に諸経費が必要になり、購入金額のみで計画すると不足の金額が出てくることになります。 借入金返済に関しては金利に注意し(△年固定の場合△年以後は変動になります。)金利が上昇した場合の返済額も確認しておきましょう。
購入予算・返済プランは余裕を持った計画を立て、銀行や業者に相談しながら計画するようにしましょう。
A. 専門家や業者との相談をして納得した上で、申し込み、契約へと進むようにしてください。こちらも参考にしてみてください。
A. 専門家や引渡しを受ける際はご本人と売主と仲介業者で現地にて確認します。 土地の場合
・隣地との境界…境界標識を確認します。
・ガス、上下水道の引き込み位置…土地の中に引き込みがあれば標識や汚水枡、引き込みがない場合は道路埋設の状況 建物の場合
・隣地との境界…境界標識を確認します。(一戸建ての場合)
・建物の状況…雨漏りや毀損状況、修繕箇所
・設備の状況…稼働状態や取扱説明
・カギ…本数や紛失状況
・近所のルールや管理組合の状況
などです。中古の場合は元の所有者から聞くことは大変重要です。新築の場合は、内覧などで確認できます。
A. 住宅等の購入に際し、必要になる登記には所有権の移転登記、抵当権の設定登記などがあります。 必要書類として、売主から受取るもの
(1) 権利書(登記識別情報通知)
(2) 登記原因証明情報(契約書やそれに代わる書類)
(3) 売主の印鑑証明書 買主が用意するもの
(1) 住民票(購入物件すぐに住み始める場合は移転後のもの)
(2) 登記原因証明情報(売主と共用)
(3) 登録免許税登記を司法書士にお願いする場合はそれぞれ委任状が別途必要です。通常、費用に関しては、買主の負担となります。所有権の移転登記が完了すると買主名義の、権利書(新しいものは登記識別情報通知)ができます。登記簿謄本(登記事項証明書)で確認し、完了です。
また抵当権の設定登記に関しては、移転登記と同時にすることが多いので、登記簿謄本で確認した時に抵当権設定登記の完了も確認できると思います。登記に関しては個人でもできますが専門的なことでもあり、司法書士にお願いするのをおすすめします。抵当権の設定登記に関しては、移転登記と同時にすることが多いので、登記簿謄本(登記事項証明書)で確認した時に抵当権設定登記の完了も確認できると思います。

物件をお探しの皆様へ

メールでのお問い合わせはこちら

空室確認や、ご来社の際は、
下記へご連絡ください。

本社(柏崎市)

0257-24-5506

新潟支店

025-249-7710

【営業時間】
平日:8:30~17:30

【定休日】土日祝日